.theme_title, .theme_title_b {background-position: 50% 50%; background-image: url(www.yoursite.com/image.jpg)}
electriCCity エレクトリックシティ

ニュイブランシュ京都2020  会場: 京都駅ビル駅前広場
クラリネット、チェロ、打楽器、電⼦⾳楽、ダンサー、ライブ映像で創られるサラウンド⾳楽のパフォーマンス

コンセプト:
電子の都市このパフォーマンスでは、電流と私たち社会への影響の関係性を、探求しています。 電気はまるで、都市の静脈を流れる「⾎液」です。単純な電⼦から出来た電気は、近年のあらゆる技術へとつながり、社会を構成する上で切り離せない、密接に絡み合った「ネットワーク」になりました。

音の空間化 : 聴衆を4つのスピーカーで囲み、クラリネット、チェロ、打楽器、エレクトリックの音を共演するパフォーマンス
それぞれのスピーカーから発せられる音により、聴衆は、音の反響や再生といった異なる音の効果に浸るような体験を可能にしている。

打楽器、電⼦⾳楽、作曲: ヤニック パジェ クラリネット、バスクラリネット: 中村真美
チェロ: ウィリアム プランクル  ●ダンス: きたまりライブ映像: サガール パテル

空間による作用
エースホテル京都グランドオープニング  会場: エースホテル京都。(2020 6111213日)
6つのパフォーマンスを5名の音楽家と、5名のダンサーで実施。それぞが、違う空間で同時にパフォーマンスを行った。

コンセプト:
空間による作用 : ひとつの作品でありながら、聴衆は5つの異なる空間で、音を聞くことでき、演者との位置関係、空間によって様々異なる世界を展開しました。パジェは ホテルのサウンドステムで他の演者の演奏を耳に入れ、iPadを介して指揮をとり、自身も打楽器を演奏。観客は、自身の移動に応じてソリストが変わる協奏曲を聞いているような気分を経験。
作品のテーマは〝重力〟でした。物理学者の橋本幸士とともに取り組んだ、音楽言語に由来しています。 音楽は、重力の原理を音階や音楽コードにのっとって転写したものになっています。詩はクリス・モデルによって書かれ、11部構成でパフォーマンスは構成されました。それぞれ5つの空間に、ダンサーと音楽家を配置しました。参加5名のダンサーは、それぞれ日本舞踊や、舞踏、コンテポラリーダンスなど異なるジャンルを専門としています。

作曲、指揮、パーカッション:ヤニック・パジェチェロ: ウィリアム・プランク アコーディオン: Ryotaro ●クラリネット: 中村真美
:今西紅雪 ダンサー: 野村香子、合田有起、 KITAMARI、中村知、篠塚瑞桜 ●Hiroko Umetani ●作詞:クリス・モズデル 

 
Omote Ura,  a VR Project

プロデュース、作曲、指揮、演奏(パーカッション、電子音楽)
20206
会場: : ロームシアター京都
トロンボーン、琴、チェロ、クラリネット、パーカッション用一人のダンサーと

コンセプト:  
「表/裏」 : クラリネット、チェロ、トロンボーン、パーカッション、琴、ダンサーによるVR作品。 楽器奏者たちは、二重の人格をもち、表と裏の人間性の間で、さまよっているダンサーのあり方を、音によって体現しています。
日本の文化は「公の顔」と「隠された顔」に基づいています。表は「外側」、裏は「外側」を意味することとして捉えることも可能です。表は私たちが視覚的に目にするものです。裏は目に見えずすぐに理解できるものではありませんが、おそらくより重要です。

ヴァイオリン: 田野倉雅秋 コントラバス: 三井脩平 クラリネット: 中村真美 バスーン: スタン・ジャック 
トランペット: 室考治 トロンボーン: 三窪毅 指揮、パーカッション: ヤニック・パジェ
     
Stacks Image 74
Stacks Image 79
Soldier’s Tale / Ronin’s Tale  (兵士の物語/浪人の物語)
京都国立近代美術館.  ニュイ・ブランシュ2017
NSO KYOTO : クラリネット、トランペット、トロンボーン、バイオリン、コントラバス、ナレーター、ビデオ映像
プロデュース、作曲、指揮、演奏(パーカッション): ヤニック・パジェ
 脚本 : セバスチャン・レゼー
シネマグラフィー作成 : アレクサンドル・モベール
ライブ映像作成 : サガール・パテル

コンセプト: ストラヴィンスキーから100
ストラヴィンスキーから100年、「兵士の物語/浪人の物語」ファウストの伝説の続きをイメージしました。
悪魔はゲームに勝ち、人々は富をえましたが、最愛の夢を失いました。
寓話の作成から1世紀、物語の舞台は日本です。天狗が到着するまで選択できない人生に耐えながら生きていた日本の貿易業者についてです。彼の人生のユニークな価値を実現させようと試みます。
リンク : https://soundcloud.com/yannick-paget/ronins-tale-excerpts