.theme_title, .theme_title_b {background-position: 50% 50%; background-image: url(www.yoursite.com/image.jpg)}
Stacks Image 121
Stacks Image 125
Stacks Image 148
Stacks Image 150
Stacks Image 138
Stacks Image 140
Stacks Image 142
Stacks Image 144
N’SO KYOTO について
ヤニック・パジェ2017年、コンサートにおける新たな力強さと、独自の創造空間を求めて、 N’SO KYOTO (えんそうきょうと)を発足。

N'SO KYOTO とはNew Sound Orchestra Kyotoの頭文字から構成されます。
禅思想の音楽的な「演奏」と「円相」の両方から想起されました。
N’SO KYOTOは、「オーケストラ」のアイデアを再解釈し、没入型で多次元のオーディオとビジュアルのパフォーマンスを提供する、京都を拠点とするミュージシャンとアーティストのアンサンブルです。
 

Stacks Image 106

Gravitation, N’SO KYOTO 2020 Ace Hotel Kyoto © Showgo Westfield

多次元パフォーマンス
N’SO KYOTOの作品は、空間化されたミュージシャン、ダンサー、ビデオインスタレーションが特色です。 私たちは、演奏とリスニングへの新しいアプローチを開発するために、音の没入のさまざまな可能性を探求します。コンサートは、ビジュアルとサウンドが密接に相互作用する旅ともいえます。パフォーマンスを通じて、私たちは自分たちが演奏するスペースを包括し、空間や建築そのものの存在を強調します。観客と舞台の伝統的な境界線を動かし、意識を高めます。

新しい芸術言語で、表現の新しい可能性を探る
アコースティック音楽とエレクトロアコースティック音楽、即興演奏、楽譜を組み合わせています。私たちは、電子楽器とアコースティック楽器の間を含め、言語と芸術的表現に存在する境界を打ち破ります。 ステージ上だけでなく、VRテクノロジーによって提供される没入型体験の可能性も含めて、新しいパフォーマンス環境を革新し、再発明しようと努めています。

ジャンル間の境界を開く
N’SO KYOTOは国際的なメンバーで構成されます。 クラシック音楽からエレクトロまで、サウンドデザイン、ビデオ、ダンス、詩など、根本的に異なる国や芸術の世界の個性との出会いを可能にする、実験と独自の開放のためのスペースです。私たちはさまざまなコラボレーションを通じて革新を行い、グループのエネルギーとも言える新しいアイデアの永続的な再現を行います。 これらの出会いは、N’SOKYOTOの創造性の中心です。
Stacks Image 59

Omote Ura, Rohm Theatre N'SO KYOTO 2020

京都の芸術的アイデンティティを体現
NSO京都は京都を拠点とし、ユニークな創造性とインスピレーションの源として京都のアーティストの多様性を称えています。 私たちの価値観を通して、京都の豊かさとかつての首都に特有の創造性を体現しています。私たちは、京都を文化の中心地にし、現代アートとイノベーションのためのユニークな空間にすることに積極的に貢献しています。

プロジェクト :
私たちは科学と科学研究に情熱を持っています。作品は科学の理論に触発され、私たちの芸術言語を養っています。科学理論と芸術の間に架け橋を作ります。パフォーマンスを通じて、
私たちは抽象的な概念に命を吹き込み、目に見えないものを見えるようにするつもりです。

活動メンバー :
ディレクター・作曲家・パーカッション:ヤニック・パジェ
音楽家 : 中村まみ (クラリネット)、ウィリアム・プランク
(チェロ) Ryotaro (エレクトロニックアコーディオン)
ダンサー:キタマリ、梅谷ひろこ、合田有起、野村香子
前田英一 テキスト : クリス・モズデル
映像:サガール・パテル
監督: アレクサンドロ・モベール
Stacks Image 65

electriCCity, N’SO KYOTO 2020 Nuit Blanche